写真好き・旅好き・歴史好きが奏でる遊騒曲


by 5648kodaijin

カテゴリ:名所( 3 )

PCの不調を乗り越え、やっと完結
b0143978_12124322.jpg
   今回のお散歩の目玉建築の説明、きちんとお読みくださいませよ
b0143978_121256100.jpg
   まるで教会のような外観の「求道(きゅうどう)会館」、実は・・・読んだ方はおわかりですね
b0143978_1213611.jpg
   中に六角堂が鎮座ましまし、何だこりゃコレクションか?
b0143978_12131578.jpg
   六角堂とたぶん阿弥陀如来像。実は浄土真宗大谷派の建築なのだー。大正4年完成
b0143978_12132399.jpg
   創立者・近角常観氏のお孫さんで散歩の会のH氏の先輩が丁寧に説明してくださった
b0143978_12133128.jpg
   ハーケンクロイツ、スワスチカともいう卍、ハイルヒトラー! ハイルヒンケル!って知ってる?
b0143978_12134229.jpg
   上から見るとこうなってます。先輩じゃない後輩、違った、荒廃したのを復元した建物なのだ
b0143978_1213511.jpg
   釈迦が悟りを開いた菩提樹がステンドグラスに。すべて明治の建築家・武田五一の設計
b0143978_1214314.jpg
   背後にはこれも修復された求道学舎が。修復されたと思えない素敵なマンションでした
b0143978_12141673.jpg
   これはスゴイ!本郷館というこれまた戦前からの生き残りを遠望
b0143978_12142747.jpg
   食事の時間を知らせたりする魚盤(魚鼓)のようなものが。カンカン石(サヌカイト)か?
b0143978_12143627.jpg
   求道会館の2階であーる。掛け軸や仏具もあった
b0143978_1215370.jpg
   やっぱりスゴイ!よくぞ残った日露戦争頃の下宿屋でした。カメラに残る最後の映像かも
b0143978_1215131.jpg
       有名人が宿泊した菊富士ホテル跡の碑。高柳氏は日本初のテレビを作った人
   映画「ラストエンペラー」でなぜか片腕だった甘粕大尉に虐殺された二人ってこの中のだあれ?
b0143978_12152248.jpg
   昔はたくさんあったという金魚屋さんを見学してサヨナラしました
[PR]
by 5648kodaijin | 2008-11-12 13:04 | 名所
横須賀の記念艦三笠へ「東郷元帥展」を見に行きました。写真総数78枚の実録「日本海大海戦」!  
b0143978_1193497.jpg
           京浜急行の横須賀中央駅前で。街中はこんな像で満ちています
b0143978_1194756.jpg
   旧軍港も今は鳩がわがもの顔で平和。でもイージス艦事件もまだ記憶に新しいなあ。
   帰りには原子力空母「ジョージ・ワシントン」母港化反対の幕がかかっていました
b0143978_1195763.jpg
              市役所前のからくり時計、ん、誰だ?
b0143978_1110768.jpg
      鎌倉幕府の重臣・三浦一族繁栄の基を築いたが戦死した三浦大介(おおすけ)像
b0143978_11101844.jpg
   時計塔の説明板。郷土芸能「とっぴきぴー踊り」なんてのもあります
b0143978_11103020.jpg
   トロピカル気分の通りを通って海岸へ向かいます
b0143978_11104038.jpg
              小学生の時からおなじみの戦艦(今は記念艦)三笠
b0143978_1110523.jpg
   何度来ても勇ましく大きく感じる日本に残る唯一の戦艦。砲弾は戦艦大和のもの
b0143978_1111252.jpg
   日本海海戦100年の2005年5月27日の万艦飾の連合艦隊旗艦三笠。
   当日、横須賀出身の小泉首相は右傾化と言われるのを恐れ欠席、私は堂々出席。
   本艦がなければ日本はロシアの植民地になっていたでしょう。軍国賛美ではありません
b0143978_1111155.jpg
   日露戦争の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃破した連合艦隊司令長官・東郷元帥像。
   ちなみに彼の初陣は薩英戦争で唯一の負け戦(いくさ)、あとは全て勝っています
b0143978_11122136.jpg
         マストに翻る大将(当時は元帥ではなく大将)旗。軍艦旗ではありません
b0143978_11123679.jpg
              今年2回目。もう何度来たことか
b0143978_11124843.jpg
艦体は本物ですが上部構造物と兵器・室内は戦後の復元です。初めて来た頃は海戦で損害を受けた
場所に範囲が描かれ戦死者のプレートが貼られていましたが代わりに記念の部屋ができています
b0143978_11125830.jpg
主砲の30cm砲、前後4門、明治時代当時の戦艦では標準仕様。ちなみにNHKが日本海海戦の映像として大正時代の戦艦(砲塔が二つの背負い式)を放映して私が抗議、以後NHKはCGを使ってます。えへん!自慢話よー
b0143978_1113936.jpg
   三笠について。日本を勝利に導いた象徴として廃艦にならず記念艦として残されました。
   一度広島湾で爆沈したのですが東郷長官は留守、いつも運の強い人です
b0143978_11131955.jpg
   当時日本はこれだけの巨艦は造れず三笠はイギリス製、ほとんどの軍艦が外国製でした。
   イギリスは日本の同盟国、日露戦争はイギリスなくして勝てませんでした
b0143978_11132739.jpg
 三笠は主砲4門。日本海海戦の翌年、イギリスが主砲10門のドレッドノート号を造り、世界の戦艦は
 一夜にしてすべて旧式艦に。これが「ド級艦」、さらに上の「超弩(ド)級」はこれが語源になっています
b0143978_11133668.jpg
  ロシア艦隊の根拠地・旅順港。出入口が狭いので日本は旧式の商船を沈めてふさごうとしました。
  大砲の形はすべてロシアの砲台、この中に最も重要な203高地があり激戦地で有名に
b0143978_11134579.jpg
禁じられた二度目の出撃で戦死した広瀬少佐は死後中佐になり軍神に祀られました。ロシア通でした
b0143978_11135547.jpg
旅順は陥落寸前で全滅に近い太平洋艦隊に次いでロシアは第二・第三太平洋艦隊としてヨーロッパから地球を半周してまでも派遣されたのがバルト海(バルチック)艦隊です
b0143978_1114444.jpg
スエズ運河ではまだ大型船が通行できず艦隊主力はアフリカの喜望峰周り、しかもイギリスの漁船を誤射し、「狂犬艦隊」とあだ名される決して勇猛な艦隊ではありませんでした
b0143978_11141486.jpg
 私はロシア側の艦隊記録「ツシマ」を中学生の時に読んでいますが、途中で旅順の艦隊全滅を知り、
 絶望感を抱きながら極東へ進んで行ったといいます。フランスはロシアの同盟国でした
b0143978_11142460.jpg
   イギリスの領土に停泊できずフランス領を転々とするバルチック艦隊、なんかあわれだなあー
b0143978_11143675.jpg
   総数50隻!しかし足の遅い船に合わせるため、のろのろと。果たして38隻の運命やいかに?
b0143978_11144547.jpg
   ロシアの軍港ウラジオストクへ最短コースを選んだロジェストウェンスキー司令長官の判断は?
   遂にバルチック艦隊は日本海へ!
b0143978_231536.jpg
「広告・・・皇国の興廃・・・」というZ旗が揚がりました。これはネルソンがトラファルガー海戦に「英国は各員が義務を果たすことを期待する」という旗を揚げたのに匹敵するといわれています。(パクリか?)のちの真珠湾攻撃の時にも掲げられました。中学生の時にこのバッジを買ったら、見た人がみな質問してきたのを覚えています
b0143978_2311620.jpg
   小中学生の頃からある日本海海戦パノラマ模型。今も現役なのがとてもクラシックでうれしい。
   左上がロシア艦隊と並行戦をするためT字(日本では丁字)ターンを行なう日本艦隊主力
b0143978_2312742.jpg
   ロシア38隻の内、沈没21隻!ウラジオ到達3隻。世界史上かつてない完全試合でありました
b0143978_2313880.jpg
   艦内の展示室。左奥のバツ印はロシア海軍(セントアンドリュー)旗
b0143978_2314867.jpg
   ケース内は戦艦富士。イギリス製でスエズ運河を通ってきた最初の大型艦
b0143978_2315817.jpg
   富士型戦艦の1番艦、外観は三笠(敷島型)に似るが大きさ、重さはやや小さい。
   突き出ているのは衝角(ラム)といい帆船時代の衝突戦法の名残りです
b0143978_232844.jpg
   後部から。太平洋戦争にも生き残ったというからスゴイ
b0143978_2321954.jpg
   ロシア艦隊に商船をやられ守れなかった上村(かみむら)艦隊のコーナー
b0143978_2322791.jpg
   「露探-ロシアのスパイ」と非難を受けていた上村提督をかばって作られた軍歌
b0143978_2323843.jpg
このように日本商船は多数の犠牲があったが、蔚山(ウルサン)沖海戦でやっと巡洋艦リューリックを撃沈し、以後ロシア艦隊は出撃してこなかった。リューリックの乗員を助けた話は有名
b0143978_2324931.jpg
   ▼が上村提督。東郷サンと同じ薩摩の軍人
b0143978_2325982.jpg
   鎌倉の妙本寺。海軍関係者の墓が多くミッドウェー海戦の空母・飛龍の艦長のものも見つけた
b0143978_233852.jpg
   妙本寺に眠る上村提督の墓
b0143978_2331764.jpg
   有名な東城鉦太郎画伯の「日本海海戦図」。パノラマ模型もこのように水柱があがるんです
b0143978_2332794.jpg
   三笠艦橋と主砲。艦橋の下に覗き穴が見えるでしょ?
b0143978_2345174.jpg
   コンクリートで囲われた指揮所、普通はここで弾丸を避けて指揮を執るのですが・・・
b0143978_235121.jpg
   海戦当日、指揮官はみな防護のないここで指揮を。明治人は勇気がありましたよねえ!
b0143978_2351139.jpg
   艦内にあった海戦の図。なお後部艦橋は被弾し、戦死者を出しています
b0143978_2352359.jpg
   パノラマ模型のバルチック艦隊
b0143978_2353374.jpg
日本艦隊奮戦の図。右から富士、朝日、春日、日進。日進には山本(当時、高野)五十六がいて重傷を負い左手の指二本を失います。それで連合艦隊司令長官になるのだから大したものです
b0143978_2354352.jpg
   我々も上下左右に動かせる8cm砲座。映画「日本海大海戦」はここで撮影されました
b0143978_2355272.jpg
   上が8cm砲、下が15cm砲。映画にも登場、こういう形式は帆船時代の名残りです
b0143978_2374064.jpg
   人形が置かれて声も聞ける2番15cm砲室
b0143978_2375174.jpg
   どこをにらむか15cm砲、やはりロシアか北朝鮮の将軍サマか?
b0143978_238233.jpg
   下のハンドルを動かせる15cm砲座。発射装置はピストル型、残念ながら撃てません
b0143978_2394295.jpg
   ハンモックが置かれている4番砲室。砲員はいつも大砲のそばで寝泊りしていました
b0143978_2395744.jpg
   艦長や司令官がいた艦橋(ブリッジ)。最初は囲いがなく橋のようだったので名が付きました
b0143978_2310967.jpg
   艦橋から見た30cm主砲塔。面白いことにドイツ海軍は11インチ(28cm)砲が伝統でした
b0143978_2311686.jpg
   横から見た主砲塔。映画では空砲を撃っていました。そうか撃てるんだあ
b0143978_23112331.jpg
   前から見た主砲塔と前部艦橋。昔はうしろにマンションがなかった。艦橋・・・環境破壊だ!
b0143978_23114446.jpg
   外から見た主砲と艦橋、錨がこの位置にあるのは衝角戦法(艦を相手にぶつける)の名残りとか
b0143978_23115693.jpg
   前部主砲塔、背負い(二段)式になるのは日本では大正時代以降
b0143978_2312772.jpg
   こうして見ると帆船時代の名残りがよくわかるでしょ?
b0143978_23145098.jpg
   三笠も衝角を持っているのです(今は地下)。当時でももはや非実用品でした。
   以前は艦首から先は海で艦首を入れた写真は撮れませんでした
b0143978_2315121.jpg
   艦首に輝く16紋キック(菊)。ウーン衝角(ラム)を見たいもの、一部でも発掘して欲しい
b0143978_23155414.jpg
   有名な「敵艦見ゆ・・・」の無電を受信した電信室。レプリカが置いてあります
b0143978_9224716.jpg
函館戦争の新政府軍艦「甲鉄」の絵。もとアメリカのストンウォール・ジャクソン号でガトリング砲を積載
した日本では初の装甲艦。この艦を奪うため幕府側が斬り込みをかけた宮古湾海戦は有名
b0143978_2316659.jpg
              12インチ(30cm)主砲砲塔の構造図
b0143978_23162174.jpg
「敵艦見ゆとの警報に接し連合艦隊は直ちに出動之を撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」そらんじて言える超有名な名文、欲しい!
b0143978_23163831.jpg
   国葬か、私にも賜って欲しい
b0143978_23165044.jpg
         「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」 これも欲しい!
b0143978_2317964.jpg
   司令長官公室。後部にあるのは帆船時代の名残り。ん?何か物騒なものがあるなあ
b0143978_23172565.jpg
   後部の公室や居室が完全に復元されたのは最近のことだそうです
b0143978_23173948.jpg
   両舷に置かれたキャビン砲、以前には無かった。やっぱり軍艦だあー
b0143978_23175852.jpg
   司令長官居室のパノラマ。大きくなります
b0143978_2320458.jpg
   東郷元帥の遺髪、スイッチを入れると明かりが。昔いた「グレート東郷」は彼から採ったレスラー名
b0143978_2321548.jpg
   艦長公室。「敵国降伏」の額で有名な博多の筥崎宮のお守りが祀られている
b0143978_23212267.jpg
   艦尾にあるスタンウォーク(長官専用の回廊)、こういうのも帆船を思い起こさせる
b0143978_23213587.jpg
   そこから見た三笠公園、北側が埋め立てられてずい分広くなりました
b0143978_23233377.jpg
              司令長官専用?もちろん使いましょう!
b0143978_2323451.jpg
              行進曲「軍艦」いわゆる「軍艦マーチ」の歌碑があります
b0143978_2326156.jpg
              今年1月「戦艦大和展」の時の背後から見た三笠
b0143978_23262757.jpg
   要塞のあった猿島へ行くフェリー乗り場から。雨が降りそうだったので残念、帰宅しました
[PR]
by 5648kodaijin | 2008-07-03 12:48 | 名所

また大森で見たこと

また川端龍子(りゅうし)記念館の庭と展示を見に行きました
b0143978_176496.jpg
   龍子は洋画と日本画を学んだ画家で自宅と記念館を自ら設計し、大田区に残していきました
b0143978_1761578.jpg
   アトリエと旧宅を今では決められた時間内に自由に見学できます
b0143978_1762736.jpg
   なんと終戦2日前に爆弾が落ち母屋を破壊しましたが一部は池になっています。
   またその時にちなむ「爆弾散華」という絵を残しています
b0143978_1764013.jpg
   2004年7月8日に撮影した時の池。普通なら埋めるはずですがそれが龍子らしいところです
b0143978_1765189.jpg
   今回見学時の池。だいぶ草が生えました
b0143978_177075.jpg
   戦前から残った龍子設計のアトリエ。下の竹の一部をはずすと風が通ります  
b0143978_1771175.jpg
   2004年に高校の友人と来た時の撮影
b0143978_177204.jpg
   愛用の画材と道具が置いてあり、大作主義らしくかなり広いです
b0143978_1773142.jpg
   今は懐かしいストーブや青磁の容器(手あぶり?)も見えます
b0143978_1774179.jpg
   川端龍子の写真と愛用の籐製のロッキングチェアとテーブル
b0143978_178127.jpg
   森のような庭、ここでオニヤンマが飛んでいるのを見たことがあります 
b0143978_1781132.jpg
              大きな十三重の石塔、京都から運んだものもあります
b0143978_1782187.jpg
              細かい意匠も龍子が設計したといいます
b0143978_1783124.jpg
   天は彼に絵の才能だけでなく二物を与えたのでしょう、只者じゃあないぞー
b0143978_1784128.jpg
   軒は網代になっています。本格的に建築も勉強したのでしょう、おそるべしー
b0143978_1785159.jpg
   俵屋宗達画といわれる襖(ふすま)絵と仏間があった部屋
b0143978_179195.jpg
   愛用の仏像の一体は上野の東博(国立博物館)の所蔵となり、あとは大田区へ
b0143978_1791196.jpg
   写真の襖絵は鑑定団に出され、たしか1500万円の値段が付きましたよ
b0143978_171322.jpg
この記念館も彼の設計、タツノオトシゴの形だといいます。絵が散逸する画家も多くいる中、記念館と多くの絵を公共機関に残した彼の生き方は画家の理想を示しているといえるでしょうネ
[PR]
by 5648kodaijin | 2008-06-22 18:13 | 名所